街・モノ・動物・人間などの本当の表情を切り撮るのが、スナップ写真ならではの醍醐味です。
IMG_3713
小田急電鉄が、広告ではなく、単に沿線の向ヶ丘遊園跡地に出来た藤子不二雄ミュージアムのアピールのため、10両の全部をドラえもんを始め、おばQ、パーマンなど藤子不二雄作品で丸ごとラッピングした電車がこれだ。車内広告もドラえもんなど、やはり藤子不二雄関係のものしかなく、まさに走る広告塔といっても間違えで無いかもしれない。
こんな珍しい電車ゆえ、小田急線唯一のスイッチバック形式の駅ゆえ、長時間停車する藤沢駅では、このように記念撮影する家族の姿も珍しくない。いや、この時を逃したら、一生このような電車には出会えることもないだろう。小さなお子さまを持つ家族にとっては、まさに夢体験のような記念電車である。

IMG_3721
しかし、東京都は、このラッピング電車が「東京都屋外広告物条例」に違反すると警告し、10月から運行出来なくなると報じられた。小さなお子さまの夢を乗せて走るドラえもん電車が、小田急側が東京都への広告届けが無届けであったとして、運行できなくなったとのことだ。
しかも、運行するとしても、全面はダメで、10分の1の面積でなければ許可できないという。
小田急側も「広告」という概念ではなかったらしい。沿線の施設に藤子不二雄ミュージアムができたから、小田急線を使ってもらおうというアピールで、ミュージアムから広告料はもらっていないようなのだ。
まあ、法律のことはいろいろと難しいけど、子供の夢を奪われたことには間違えないだろう。もうちょっと東京都には、超法規的な措置で、寛大な判断をお願いして貰いたいものだ。2011年9月撮影。 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スナップ写真
訪問者数推移グラフ

    記事検索
    最新記事(画像付)
    カテゴリ別アーカイブ
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ